腹筋ってしたほうが良いの?腰に悪いらしいけど!

筋トレのやり方って難しい。

こう思う方は多いはずです。俺もそれは感じていて、知識を手に入れるには簡単ではないんですね。

動画などを見て学ぶというのはおすすめですけどね!

その中に有名なトレーニングで腹筋ってあるよね?あれってやってます?

実はあまりやらないほうが良いんですね。

 

腹筋は身体に悪い?

腹筋って実は腰に凄く悪いんです。つらいですが・・・

腰の部分にある椎間板が圧迫されるので、めちゃくちゃ腰に負担がかかってしまいます。

つまり今までやっていた腹筋ってやらないほうが良いんです。やめましょう。

熱心にやって腹筋が付いたとしても腰を悪くして、腰痛になってしまっては意味が無いんです。

それでも知らずにやっている人は多くいますが、もうやめたほうが良いですね。

良い方法としては、あんなに身体を起こさないという事です。途中まで少し起こして腹筋に負荷がかかっていれば、それで良いという事ですね。

腹筋を鍛える方法としては、ジムに行けばアブマシンがありますし、スクワットなどでも鍛えることができます。

寝転がって、しっかりと身体を起こすタイプの腹筋はやめておいたほうが良いという事は覚えておきましょう。

 

腹筋で腰が痛くなったらどうするの?

もし腹筋をしてしまって腰痛になってしまった場合にはどうすれば良いのか?

この場合はすぐに筋トレをやめてくださいね。トレーニングは一旦やめて休むことが重要です。

腰痛が収まるまでは腹筋はやらないようにして、他の部分を鍛えましょう。あまりにも腰痛がひどい時は、筋トレ自体をしばらく休むこともおすすめします。

まあ、腹筋は今後はやる人も減るでしょうから、あまり良いワークアウトとは言えなくなった感じですね。腰痛の原因と知ってしまったらやる人は減るのは当たり前です。

とにかく痛みができたら休むという事を徹底しましょうね!